[ウェブサービスレビュー]ジャンルを指定してフリー素材からダミー画像を作れる「lorempixel」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
HOLLER・MORITZ
内容:「lorempixel」は、フリー素材を用い、ウェブサイト制作などに必要なダミー画像を生成してくれるサービスだ。スポーツやファッション、人々や自然といったさまざまなジャンルを指定することで、それらに合致したダミー画像を生成できる。

 「lorempixel」は、フリー素材を用い、ウェブサイト制作などに必要なダミー画像を生成してくれるサービスだ。スポーツやファッション、人々や自然といったさまざまなジャンルを指定することで、それらに合致したダミー画像を生成できるのが特徴だ。

 基本的なパラメータは類似サービスと同等で、画像のサイズをURLの中にパラメータとして埋め込んで呼び出す。例えば400×300ピクセルの画像が欲しければ「lorempixel.com/400/300」とすればよい。同サービスが保有している数十万枚の写真の中からランダムに抽出された1枚が、指定のサイズに加工されて表示される。モノクロの画像が欲しければサイズの手前に「/g」と指定すればよい。

  • 「lorempixel」トップページ。呼び出すための書式はほかのダミー画像作成サービスとほぼ同様だが、図ではなく英語の文章で説明されているため少々わかりづらい感はある

  • サイズとジャンル、カラーもしくはグレーを指定する。ここでは640×480サイズで、ジャンルは「city」、カラーを選択

  • クリックすると指定条件の画像が表示される。再度同じ操作を行うと異なる画像が表示される

 呼び出す画像はまったくのランダム以外にも、スポーツやファッション、人々や自然といったさまざまなジャンルを指定することができる。使用するウェブサイトのイメージに合致したジャンルを選択できるのは大きな強みだ。ジャンルによっては選択肢の数が少ない場合もあるが、それでも数パターンは用意されているので、不自由することはない。

 条件がまったく同じでも、クリックするたびに異なる写真が呼び出されるので、たとえイメージに合致していない写真であってもすぐに差し替えられる。その反面、気に入った画像はすぐに保存しておかないと、二度と呼び出せなくなってしまう危険性もあるので、利用にあたっては注意したい。

 ネックなのはサイトが時間帯によってかなり重くなることで、リロードのたびに異なる画像を表示する仕組みを採用しているが故の宿命と言える。なるべく負荷をかけない形で活用するのがよさそうだ。

  • こちらはジャンルが「cat」で、グレーを選択したところ。このようにジャンルを自由に指定できるのが強み

  • 画像はクリエイティブコモンズライセンスに基づいて提供されており、一覧で表示して具体的な出所を確認することもできる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加