振動を徹底的に抑え、余韻まで美しく--カナル型ヘッドホン「Flat4-玄(KURO)」

加納恵 (編集部)2013年05月01日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カナル型ヘッドホンの開発、販売を手がける音茶楽(おちゃらく)は、新モデル「Flat4-玄(KURO)」を発表した。機械振動を抑え、高音質再生を追求しているという。6月1日に発売する。販売予定価格は4万2000円。

 音茶楽では「Flat4-粋」「Flat4-楓」といったカナル型ヘッドホンを発売しており、新モデルは既に発売されている2モデルの音質の差を研究して作り上げたとのこと。センターキャビネットと位相補正チューブに制振処理を施すことで、可聴周波数帯域の響きをコントロールし、かすかな余韻まで美しく再現することに成功したとしている。

 口径10mmのダイナミック型ドライバを片チャンネルに2つ搭載した、独自のツイン・イコライズド・エレメント方式を採用。密閉型を超える低音とオープンエア型の音の広がりを表現するとのことだ。

 5月11日に東京都港区の「スタジアムプレイス青山」で開催される「春のヘッドフォン祭 2013」に出品されるほか、少量の先行販売実施される予定だ。

  • 「Flat4-玄(KURO)」

  • 収納缶パッケージ

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加