オンキヨー、Bluetooth搭載でスマホとも連携できるバータイプのテレビ用スピーカ

加納恵 (編集部)2013年04月24日 16時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オンキヨーは4月24日、テレビと組み合わせて使用するバータイプのサウンドシステム「SBT-100」を発表した。Bluetooth機能も備え、対応するスマートフォンなどとワイヤレス再生もできる。発売は5月下旬。店頭想定価格は2万5000円前後になる。

 口径5.7cmのウーファと、口径2.5cmのソフトドームトゥイータを内蔵した2ウェイ構成で、迫力の低音と聞き取りやすい中高音を再現できるとのこと。急激なボリュームアップにも、聴きやすいバランスに自動処理をする「スマートアンプ」を搭載する。

 サラウンドモードは、シネマ、ミュージック、ニュース、ダイレクトの4つを用意。デジタル入力はDOLBY DIGITAL、DTS、AACに対応する。

 Bluetoothの対応コーデックはSBCのみ。一度Bluetoothのペアリング設定をしてしまえば、電源スタンバイ時でも手元の端末操作でSBT-100の電源をオンにして音楽を再生できる、Bluetoothスタンバイ機能も備える。サイズは高さ73mm×幅940mm×奥行き83mmで、重量約2.4kg。テレビとは光デジタルケーブルで接続する。


「SBT-100」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加