パイオニア、密閉から開放型まで好みで選べるテレビ用ヘッドホン

加納恵 (編集部)2013年04月23日 19時19分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは、5mのロングコードにコントロールボックスを備えたテレビ用ヘッドホン4機種を発表した。密閉ダイナミック型からオープンエア型まで幅広いモデルをラインアップする。発売は5月中旬。

  • 左から「SE-M631TV」「SE-A611TV」

 密閉ダイナミック型ヘッドホン「SE-M631TV」(価格:3800円)は、口径40mmのスピーカユニットを内蔵し、重量は約155g。柔らかいヘッドクッションの採用により長時間でも快適に使用できるとのことだ。

  • 左から「SE-CL621TV」「SE-CE601TV」

 オープンエア型ダイナミックヘッドホン「SE-A611TV」(同:1850円)は、口径40mmのスピーカユニットを内蔵し、重量約78gの軽量モデル。コントロールボックスなしの3.5mケーブルを採用した「SE-A611」(同:1600円)もラインアップしている。

 密閉型インナーイヤーヘッドホン「SE-CL621TV」(同:2500円)には、口径8mmのスピーカユニットを内蔵。音漏れしにくいカナル型を採用し、XS、S、M、Lサイズのイヤホンチップとコードクリップが付属する。

 オープンエア型インナーイヤーヘッドホン「SE-CE601TV」(同:1850円)は、口径15mmのスピーカユニットを搭載。ポリウレタン製のイヤーパッド2個とコードクリップが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加