logo

モジラ、「Firefox OS」リリース予定を発表--2013年6月からまずは新興5カ国で

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年04月16日 08時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozillaは、モバイルOS「Firefox OS」を最初に提供する予定の地域を明らかにした。

 Mozillaの最高経営責任者(CEO)を務めるGary Kovacs氏は、ニューヨーク市で今週開催されているAllThingsD主催のD: Dive Into Mobileサミットでの講演の中で、同OSの提供を2013年夏に開始する予定だと述べた。

 Mozillaは、ベネズエラ、ポーランド、ブラジル、ポルトガル、スペインの5カ国という、やや多様な地域で同OSを最初に提供することを予定している。

 しかし、Kovacs氏は同カンファレンスにおいて、米国での提供は少なくとも2014年以降になると述べた。

 AllThingsDによると、その理由は次のとおりである。

「シリコンバレーでは、ハイエンド端末を通して世界を見る傾向にある」とKovacs氏は述べた。「しかし、その展望は世界のその他の部分には当てはまらない。したがってわれわれは短期的には、Firefoxが特に優勢である新興市場で提供を開始する。(中略)最初のバージョンを世界中に提供することは、われわれにとって意味をなさなかった」

 Firefox OSは、上述の5カ国において2013年6月に提供され、それ以外に少なくとも11の市場(場所は未発表)に2013年末までに提供される予定である。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集