logo

トイザらス、子ども向けAndroidタブレット「MEEP!」--4月26日から販売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本トイザらスは4月10日、Androidベースの子ども向けタブレット端末「MEEP!」を発表した。価格は1万4999円。全国のトイザらスやベビーザらス店舗、オンラインストアで4月26日から販売する。対象年齢は6歳以上。オンラインストアの特設ページで先行予約の受け付けを開始した。

 Wi-Fiに対応するMEEP!は、2012年9月に米国で発売され、発売後2~3カ月で25万台以上を販売したという。「アングリーバード」や「UNO」といったゲームをはじめ、子ども向けポータルサイト「Yahoo! きっず」のブラウザアプリなど、約50種類の子ども向けのコンテンツがあらかじめインストールされており、ネットやゲーム、電子書籍、映画、音楽、チャット、アプリなどが楽しめるという。

 アプリやゲームといったコンテンツは、あらかじめ保護者が購入した仮想通貨を使用するオリジナルのストア「MEEP!ストア」で購入可能なほか、「Google Play」からもダウンロードできる。

 子どもが安全に利用できるよう、ペアレンタルコントロール機能を搭載。保護者が自分のPCやスマートフォンなどから管理サイトにアクセスして、ネットやアプリなどの使用制限を個別に設定できるほか、使用履歴、使用時間なども管理できる。

 7インチのスクリーンには、タブレットでは初となる「zForce」と呼ばれる技術のタッチスクリーンを採用。ペンや絵筆、手袋をつけたままでもタッチ操作できる。使用環境にあわせてスクリーンを自動的に最適化し、太陽光の下でも見やすく調整できるという。

 本体は、子どもがしっかりと握りやすいデザインになっており、万が一、落としたりぶつけたりした場合でも衝撃から守れるよう、丈夫なシリコン製カバーで保護されている。


-PR-企画特集