ソニー、ドックスピーカ3機種を発表--クロックラジオやLightningコネクタ対応機

加納恵 (編集部)2013年04月05日 16時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは4月5日、アラーム機能を内蔵したドックスピーカ2機種「RDP-NWC11 」(NWC11)と「SRS-GC11IP」(GC11IP)を発表した。大きく見やすい時計表示と音楽、プリセットサウンド、ラジオからサウンドを選べるアラーム機能を備える。発売は4月20日。両機種ともに店頭想定価格は7000円前後になる。

  • 「RDP-NWC11 」。ボディカラーはブラックとホワイト

 NWC11はWALKMANドック、GC11IPはLightningコネクタ対応のiPodドックを搭載し、WALKMAN、iPhone/iPodの充電にも対応する。FM/AMチューナを内蔵し、FMで20局、AMで10局まで選局リストを表示可能だ。

  • 「SRS-GC11IP」。ボディカラーはホワイトのみ

 iPhone/iPodに専用アプリ「D-Sappli」をインストールした状態でGC11IPと接続すれば、ミュージックタイマー機能やスリープタイマー機能とスピーカの電源を連動させられる。

 本体にはフルレンジスピーカを搭載し、サイズは高さ92mm×幅126mm×奥行き100mmで、重量約482g。AC電源で駆動し、カード型リモコンが同梱される。

  • 「SRS-GM7IPN」

 またあわせてLightningコネクタを採用したiPhone/iPodドックスピーカ「SRS-GM7IPN」も発表した。30ピンコネクタをLightningコネクタ変更したリニューアルモデルで、コネクタ部は可動領域を大きくしたことで、折れにくくしている。iPhone/iPodの充電も可能だ。

 サイズは高さ165mm×幅226mm×奥行き151mmで、重量約1.1kg。AC電源と単4形乾電池4本で駆動する2電源対応になる。アルカリ乾電池使用時の連続再生時間は約10時間。本体は持ち運びやすいハンドル付き。専用アプリD-sappliにも対応する。発売は4月20日。店頭想定価格は8000円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加