ウェブページをPDF形式のファイルに変換するiOSアプリ「URL2PDF」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
URL2PDF - Web to PDF Converter
価格: 100円(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

5.0

  • 開発:Paulo Freitas
  • カテゴリ:仕事効率化

 URL2PDFは、ウェブページをPDF形式のファイルに変換するシンプルなアプリだ。ブラウザを内蔵しており、ツールバーにキーワードを入力して検索するかURLを直接入力して目的のページを表示し、ボタンをタップすれば、あっという間にPDFファイルへの変換が完了する。作成したPDFファイルは、URL2PDF内で開いて読めるほか、その他のアプリに渡すことも可能だ。ウェブページをPDFファイルに変換すれば、PDFファイルが編集可能アプリで書き込みが可能となり、仕事や学習に役立てることができる。

  • 内蔵ブラウザでPDFファイルに変換したいWebページを表示。アドレスバーでは、URLを直接入力することもキーワードを入力して検索することも可能

 使い方は簡単だ。PDFファイルに変換したいウェブページを表示したら、画面左上にある矢印のアイコンをタップして、設定画面を表示する。ページ数を含めるか、画面の向きを縦横いずれかに変更するか、テキストや画像を選択可能な状態に変換するかなど、設定を細かく選択できる。各設定の説明は、「?」をタップすると表示される。日本語が少々おかしい部分もあるが、使用するのに不都合はない。

 作成されたPDFファイルは、設定タブの左側にある「PDFリスト」をタップすると一覧表示される。PDFファイルを開く場合は、任意のファイルをタップする。PDFファイルを表示した状態では、タイトルを変更する、AirPrint対応プリンターで印刷する、添付ファイルとしてメールで送信する、他のアプリで開く、削除するといった操作が可能だ。ピンチイン/ピンチアウト操作による、画面の縮小/拡大ももちろん可能。PDFファイルを他のアプリで簡単に開けるため、Note AnytimeやFoxit PDFなどのPDF編集機能を持つアプリで編集したり、DropboxやEvernoteに保存したりすることで、作成したPDFファイルを活用できる。

 たとえば、読んでいる記事にウェブブラウザ上で書き込みをしたいと思っても、通常は難しい。しかし、ウェブページをいったんPDFファイルに変換すれば、数あるPDF編集アプリを使って、いくらでも書き込みができるようになる。インターネットに接続できない場合でも読みたい場合や、今すぐは必要ないが、今後の仕事に役立ちそうだといった場合にURL2PDFでサッとPDFファイルにしておくと便利だ。

  • 作成するPDFファイルの設定を選択する

  • 「?」をタップすると、各設定の説明が表示されるので確認しよう

  • 変換したPDFファイルの一覧。開きたいファイル名をタップすると、画面はブラウザ表示からPDFファイル表示に切り替わる

  • PDFファイルを表示中。画面上部の中央のアイコンをタップすると、開いているPDFファイルを他のアプリで開ける

>>Templates for Keynoteのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加