FCC委員長、辞任を発表

Marguerite Reardon (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一 (ガリレオ)2013年03月23日 11時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦通信委員会(FCC)の委員長を務めるJulius Genachowski氏は米国時間3月22日、FCCトップのポストを辞任すると述べた。

Julius Genachowski氏
Julius Genachowski氏
提供:FCC

 Genachowski氏の去就については、The Wall Street Journalが21日に報じていた。同氏は2009年3月にBarack Obama米大統領によってFCC委員長に指名された。Genachowski氏はFCC職員に向けたスピーチの中で、過去4年間にわたるFCCの功績を指摘した。

 具体的には、無線やブロードバンドにおける進歩のほか、現代のニーズに合わせて時代遅れのポリシーの改革を進めたことなどに言及している。

 Genachowski氏はスピーチで次のように述べた。「過去4年間にわたり、われわれはFCCをブロードバンド、有線、無線に集中させ、経済成長の牽引やすべての米国人の生活向上に取り組んできた。現在、米国のブロードバンド経済は繁栄しており、記録的な民間投資、ネットワークやデバイス、アプリにおける前例のないイノベーション、全世界における米国の新たなリーダーシップが実現している」

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加