3月3日は「耳の日」--耳に関する意識調査をフィリップスらが実施

加納恵 (編集部)2013年03月03日 09時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フィリップス エレクトロニクス ジャパンとInterFMを運営するエフエムインターフェーブは、10~50代の男女1000人を対象に、耳に関する調査を実施した。その結果4人に1人が「耳が疲れている」と感じているという。

 この調査は3月3日の「耳の日」に先駆け2月に実施されたもの。ヘルツ単位で音を聞き分けられる「ゴールデンイヤー」のエンジニアを持つフィリップスと音楽好きのための音楽ステーションであるInterFMが共同で行った。

 調査結果によると、約8割の人が耳をいたわっておらず、4人に1人が耳の疲れを感じているという。また、日常生活における耳への意識に対しては「とても意識している(8.0%)」と答えた人が1割に満たず、「ある程度意識している(42.3%)」、「あまり意識していない(40.0%)」「まったく意識していない(9.7%)」の結果になったとのこと。これにより耳への意識が低いことがわかった。


あなたは、普段から耳をいたわるためにとっている方法はありますか(左)、あなたは、最近耳が疲れていると感じたことはありますか(右)

日常の生活の中で、あなたは耳の聴こえ方や耳への負担などについて意識していますか

 音楽を聞くときの音量について質問すると、「大きめの音量で聴くことが多い(5.5%)」、「少し大きめの音量で聴くことが多い(23.5%)」と3割近くの人が大きめの音量で聞いているとのこと。その一方6割以上の人は「音量を上げすぎないようにしている。(62.9%)」としており、音楽を聴くときの意識の差が見られる結果となった。


あなたが、音楽を聴くときの音量について、最も近いものを選んでください(左)、あなたが音楽を聴く際に、気をつけていることはありますか(右)

 耳のケアについては、1割り程度が「毎日ケアしている。(12.9%)」と回答。最も多かったのは「たまにケアしている。(53.0%)」で、毎日ケアしている人とあわせて6割以上が普段からケアをしていることがわかった。また「音楽を楽しむために、耳のケアはしてみたいと思うか」という質問に対しては「そう思う。(60.8%)」と回答している。


あなたは、普段から耳のケアをしていますか(左)、音楽を楽しむために、耳のケアはしてみたいと思いますか(右)

 なおフィリップスとInterFMは、聴く力を育てる「ゴールデンイヤーアカデミープロジェクト」を2月27日に開始。ピーター・バラカン氏を校長に迎え、オンライン上で、聴く力を育てるためのアドバイスやゴールデンイヤーになるため方法などの情報を発信している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加