logo

オムニバス、TubeMogul日本法人と資本業務提携--日本でビデオDSPを展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オムニバスは2月7日、米TubeMogulの日本法人であるチューブモーグルとの資本・業務提携を発表した。2012年12月28日に、チューブモーグルか発行する第1回無担保転換社債型新株予約権付社債を引き受けるかたちで出資を実施した。

 TubeMogulは、RTB(リアルタイムビッティング)を通じ、リアルタイムでオンラインのビデオ広告枠を購入できるオンラインビデオ特化型のDSP(デマンドサイドプラットフォーム)「PlayTime」を提供している。

 チューブモーグルでは、PlayTimeを日本向けにローカライズして展開する。両社は今後、日本国内での顧客開拓やオーディエンスデーター連携など包括的な業務提携を進めるとしている。

 なお同日、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムもTubeMogulおよびチューブモーグルとの資本・業務提携を発表している。

イベントのお知らせ

「AI時代の新ビジネスコミュニケーション」~CNET Japan Live 2018

AIのビジネス活用事例を多数紹介 2月27日、28日開催

-PR-企画特集