「Windows 8」、2.26%のシェアを獲得--1月のNet Applications調査

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年02月02日 13時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Windows 8」は、PC市場を活性化させているとは言えないかもしれないが、少なくとも市場シェアにおいてはいくらか存在感を示しつつある。

 ウェブ調査会社Net Applicationsの統計によると、最新バージョンのWindows 8は1月に2.26%の市場シェアを獲得したという。2012年11月の1.09%および同年12月の1.72%からは緩やかながらも着実に増加している。

 1月の統計において、Windows 8はOS別シェアで5位だった。僅差で4位になったのは「OS X Mountain Lion」で、2.44%のシェアを獲得した。

 「Windows 7」はシェア44.4%で首位を維持したが、前月からはわずかに減少した。2位は「Windows XP」で39.5%のシェアを獲得し、12月からわずかに増加した。「Windows Vista」は3位にとどまってはいるものの、ユーザーは減少し続けており、1月のシェアは5.24%だった。


提供:Net Applications

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加