logo

デジタルカメラ「FinePix」シリーズに新製品5機種--光学式50倍ズームも

エースラッシュ2013年01月31日 17時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士フイルムは、デジタルカメラ「FinePix」シリーズの新製品5機種を2月23日から順次発売する。今回発売されるのは「FinePix HS50EXR/SL1000/F900EXR/F820EXR/Z2000EXR」の5機種だ。

 HS50EXRは、広角24mmから望遠1000mmのフジノン光学式42倍マニュアルズームレンズを搭載したモデル。レンズシフト式手ブレ補正に加え、1cmスーパーマクロ撮影機能も備えている。撮像素子は有効画素数は1600万画素の新開発「EXR CMOS II」センサで、画像処理エンジンには「EXRプロセッサーII」を採用している。


FinePix HS50EXR

FinePix SL1000

FinePix F900EXR

FinePix F820EXR

FinePix Z2000EXR

 独自の撮像面位相差AFによる0.05秒の高速AF、起動時間0.5秒、撮影間隔0.5秒、秒間最速11コマ(最大記録枚数5枚、フル画素時)の高速連写なども実現しているという。そのほか、108パターンの中から撮影条件を自動設定する「プレミアムEXR AUTO」、秒間60コマのフルHD動画撮影機能、バリアングル式の3.0型液晶も特徴だ。予想実売価格は5万5000円前後で、2月23日発売を予定している。

 SL1000は、広角24mmから望遠1200mmのフジノン光学式50倍ズームレンズを搭載した超ロングズームモデル。撮像素子は1620万画素CMOSセンサで、手ブレ補正や1cmスーパーマクロ撮影機能も備えている。

 最高感度はISO12800で、AF速度は最短0.2秒。起動時間0.9秒、撮影間隔0.9秒、秒間最速10コマ秒(最大記録枚数9枚、フル画素時)の高速連写を実現したと説明。秒間60コマのフルHD動画撮影、約92万ドットのアイセンサ付き電子ビューファインダー(EVF)、角度を上下に調整できるチルト式の3.0型液晶も特徴という。予想実売価格は4万5000円前後で、発売日は2月23日となっている。

 F900EXRは、広角25mmからのフジノン光学式20倍ズームレンズを搭載したモデルだ。有効画素数1600万画素の新開発EXR CMOS IIセンサとEXRプロセッサーIIを搭載し、0.05秒の高速AFを実現しているという。

 撮影画像を無線LAN経由でスマートフォンに30枚まで一括送信して友達とシェアできる「スマートフォン送信」機能、プレミアムEXR AUTO、アドバンストフィルターも備えている。カラーはブラック、レッド、シャンパンゴールド、ネイビーブルーの4種類。予想実売価格は4万円前後で、発売日は3月9日の予定だ。

 F820EXRは、広角25mmからのフジノン光学式18倍ズームレンズを搭載。有効画素数1600万画素のEXR CMOSセンサとEXRプロセッサーIIを搭載し、AF速度が最速0.21秒まで高速化したと説明している。

 撮影間隔0.5秒、起動時間1.1秒、秒間最速9.0コマ(最大撮影枚数5枚、フル画素時)の高速連写が可能という。プレミアムEXR AUTOやアドバンストフィルターも備えており、カラーはレッド、ブラック、ホワイト、オリーブの4種類をラインアップ。予想実売価格は3万円前後で、発売日は3月9日となっている。

 Z2000EXRは、広角28mmからのフジノン光学式5倍ズームレンズや、便利なスマートフォン送信機能を備えたスタイリッシュスリムモデルだ。有効画素数1600万画素のEXR CMOSセンサとEXRプロセッサーIIにより、最速0.19秒の高速AFを実現したと説明している。

 従来モデル「Z1100EXR」と比べ、起動時間は1.5秒から0.9秒へ、撮影間隔は2.0秒から0.6秒へと短縮されている。写真を手軽にアレンジできる「アドバンストフィルター」、パノラマ写真が簡単に撮れる「ぐるっとパノラマ360」、さらには自分撮りに便利なボディ前面レンズ脇に搭載した「自分撮りミラー」なども特徴となっている。カラーはピンク、レッド、ホワイト、ブルーの4種類。予想実売価格は2万5000円前後で、3月9日発売予定だ。

-PR-企画特集