SBM、衛星電話サービスを2月下旬から--中東Thurayaのサービス利用

松田真理 (マイカ)2013年01月30日 18時14分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクモバイルは1月30日、アラブ首長国連邦のThuraya Telecommunicationsが提供する設備を利用した衛星電話サービスを開始することを発表した。サービス開始時期は2月下旬以降の予定で、Thuraya製衛星電話専用端末「SoftBank 201TH」(201TH)も販売する。


 料金プランは、2年契約の「衛星電話バリュープラン」と、契約期間がない「衛星電話プラン」を用意する。基本使用料は衛星電話バリュープランが4900円で、衛星電話プランが9800円。ともに1000円分の無料通信を利用でき、音声通話料金は1分あたり160円だ。

 201THは、音声通話、SMS、データ通信(ダイヤルアップのみ)に対応した端末。サイズは幅約53mm×高さ約128mm×厚さ約26.5mmで、重量は約193g。IP54相当の防水、防じん性能も備えた。価格はオープンとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加