logo

7種の機能を内包したスマホの一元管理アプリ「スマホ最適化ボックス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:スマホ最適化ボックス(Ver.1.6.87)
金額:無料(2013年1月30日時点)
カテゴリ:ツール
開発:TACOTY JP app
使用端末:Xperia arc SO-01C
おすすめ度:★★★☆☆

 スマートフォンを使っているとわかることだと思うが、日常的に利用する機能というものは限られてくる。そしてその機能へは、ウィジェットやショートカットなどを利用してアクセスしやすいように工夫していることだろう。では具体的にどのような機能が日常的に使われる機能なのだろうか。よく使うアプリを別とすれば、たぶんそれは、バッテリ管理に関係する項目、タスクなどシステム管理に属する内容、アプリのアンインストールやSDカードへの移行処理、履歴のクリアなどだろう。

「スマホ最適化ボックス」のメイン画面
「スマホ最適化ボックス」のメイン画面

 今回紹介する「スマホ最適化ボックス」は、「バッテリー管理」「システム管理」「アンインストール」「履歴クリア」「App 2 SD」「ボリューム設定」「画面輝度設定」という7種の機能を内包したスマートフォン機能の一元管理アプリだ。特に頻繁にアクセスするであろう「バッテリー管理」や「システム管理」がまとめられ扱いやすい。

「バッテリー管理」では、Wi-FiやBluetooth、バックライトといったバッテリの保ちに関する設定が行える。ここで設定した項目は「ecoモード」に反映され、同モードを有効化した際にオン/オフが有効化される仕組みだ。例えば、Wi-FiはオフにしつつBluetoothはオンに、バックライトは控えめにといった細かな設定が可能だ。

「システム管理」では、用意された「最適化」を利用することで、起動アプリのプロセスを停止し、CPU負荷を低減させられる。「バッテリー管理」と「システム管理」を上手に利用することで、バッテリの保ちが良くなるだけでなく、快適な使用感をキープできるのだ。

 なお、ウィジェットも用意されているので、アプリを起動させることなく、機能を利用できる点もよい。これまでも各機能を個別に利用できる単機能アプリは数多く出ているが、一元管理系アプリの多くは昨今勢いのあるジャンルだ。本アプリも注目すべきアプリのひとつだろう。

  • 「バッテリー管理」画面。「ecoモード」のオン/オフやecoモードの内容を設定にて変更できる

  • 「システム管理」に用意された「最適化」をタップすると、キャッシュのクリアといったアプリが最適だと思われる状態にできる

  • 「アンインストール」はインストールしたアプリを削除する機能

  • 「履歴クリア」は、ブラウザ履歴や発着信履歴といった履歴内容を削除できる

  • 「App 2 SD」は、本体メモリにインストールしたアプリをmicroSDXC/SDHC/SDカードへと移動する機能

  • 「ボリューム設定」では、着信や通話、アラームといった個別の音量を制御可能

  • 「画面輝度設定」は、輝度を1%刻みもしくはプリセットされた数値に輝度を変更できる。スライダも用意されているので、直感的に輝度が変えられる

>>「スマホ最適化ボックス」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集