logo
CP+2013

水深14m防水、高さ2m耐衝撃のタフ性能デジカメ--PENTAX WGシリーズ

坂本純子 (編集部)2013年01月30日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ペンタックスリコーイメージングは1月30日、防水性能や耐衝撃性能を備えたコンパクトデジタルカメラ「PENTAX WG-10」「PENTAX WG-3」「PENTAX WG-3 GPS」を発表した。

防水スタンダード--水深10mの防水、高さ1.5mからの耐落下衝撃

「PENTAX WG-10」。カラーはブラックとレッドの2色
「PENTAX WG-10」。カラーはブラックとレッドの2色

 PENTAX WG-10は、水深10mの防水性能と高さ1.5mからの耐衝撃性能を備えた防水スタンダードモデルだ。発売は3月8日(発表当初は2月15日としていたが変更)で、市場想定価格は2万円台前半。

 アウトドアシーンでの撮影をより手軽に楽しめるカメラとして開発したもの。光学5倍ズームを備え、有効画素数は約1400万画素、重さは約166gだ。水深10mで連続2時間の水中撮影が可能な防水性能、高さ1.5mからの耐落下衝撃性能、マイナス10度までの耐寒構造など、一般的なアウトドア環境下で使えるタフ性能を特長とする。

 さらに、被写体を大きく拡大し、肉眼では気づかないミクロの世界を鮮明な画像で記録できる独自の“デジタル顕微鏡”モードなど、アウトドアから日常のスナップ、ビジネス用途まで、幅広い撮影シーンに対応できるとしている。

ハイエンドモデルWG-3--水深14mの防水、高さ2mからの耐落下衝撃

「PENTAX WG-3」。カラーはブラックとオレンジの2色
「PENTAX WG-3」。カラーはブラックとオレンジの2色

 PENTAX WG-3とPENTAX WG-3 GPSは、防水ハイエンドモデルだ。発売は3月中旬で、市場想定価格はPENTAX WG-3が3万円台半ば、PENTAX WG-3 GPSは4万円程度。

 シリーズ最高となる水深14mの防水性能と高さ2mからの耐落下衝撃性能を備え、同社の防水デジタルカメラとして最高となる防水・耐衝撃性能を特長とする。有効画素数は約1600万画素で、開放F値2.0の明るさを実現した大口径の新型光学4倍ズームレンズをはじめ、高感度に強い裏面照射型CMOSイメージセンサ、新画像処理エンジンの採用などにより、水中や夜景、屋内スポーツなど光量の限られた場所でも、ノイズを抑えた高画質画像を実現したとしている。

「PENTAX WG-3 GPS」。カラーはグリーン、パープルの2色
「PENTAX WG-3 GPS」。カラーはグリーン、パープルの2色

 PENTAX WG-3 GPSは、撮影した画像への位置情報記録や移動時のログを記録できるGPS機能に加え、気圧・高度/水深計、電子コンパス、ワイヤレス充電機能が付く。重さはPENTAX WG-3が約229gで、PENTAX WG-3 GPSは約239g。

-PR-企画特集