主要地下鉄でのLTE捕捉:Android端末とiPhone 5、両方でKDDI優勢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MMD研究所は1月25日、主要6都市34路線615駅の「2013年1月Android端末、iPhone 5全国主要地下鉄通信速度比較調査」結果を発表した。KDDIがAndroid端末、iPhone 5ともに90%以上の駅で4G/LTEを捕捉し、優位であったという。

 Android端末の4G/LTEの捕捉状況では、KDDIが615駅中598駅(捕捉率97.2%)と最も高く、全国主要地下鉄駅で4G/LTEを捕捉した。次いでNTTドコモが298駅(捕捉率48.5%)、ソフトバンクモバイルが49駅(捕捉率8.0%)という結果となっている。

 iPhone 5の4G/LTE捕捉状況でも、KDDIが615駅中567駅(捕捉率92.2%)、ソフトバンクモバイルが67駅(捕捉率10.9%)と、KDDIの4G/LTEが最も高い捕捉状況であった。

 Android端末の通信速度では、KDDIがダウンロード平均24.47Mbpsと最も速く、ソフトバンクモバイルが9.67Mbps、NTTドコモが6.39Mbpsと続いた。iPhone 5の通信速度でも、KDDIがダウンロード平均12.40Mbpsで、ソフトバンクモバイルの8.64Mbpsを上回った。

表1 地域別比較
※クリックすると拡大画像が見られます
表2 通信速度比較
※クリックすると拡大画像が見られます
  • このエントリーをはてなブックマークに追加