パイオニア、激しい動きでも外れにくい「エクストリームスポーツ」向けヘッドホン

加納恵 (編集部)2013年01月23日 16時54分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SE-E751」

 パイオニアは1月23日、重低音再生モデルのヘッドホン「BASS HEAD」シリーズにエクストリームスポーツ向けの「SE-E751/E721」(価格:6200円/4400円)を追加した。独自の「アクティブフィット構造」により、外れにくく快適な装着性を維持できるとしている。発売は2月下旬。

  • 「SE-E721」

 速さや高さなど「過激(エクストリーム)」な要素を持ち、技術や華麗さを競う「エクストリームスポーツ」向けとして開発された。そのため、激しい動きでもはずれにくく、IPX2相当の防滴仕様が施されている。

 アクティブフィット構造とは、ハンガー部とカナル型インナー部の接合部にポールジョイントを組み込んだもので、使用する方の耳の形状や耳穴の角度に合わせてインナー部の角度が可変して優れたフィット感を実現するというもの。カナル型インナーが耳穴にぴったりとフィットすることで、安定した装着感が得られる。

 SE-E751には、ハンガー部に頭部へのフィット感高め、耳を挟み込む「スカルフィットハンガー構造」を採用。両機種ともに、樹脂の芯材に柔らかなエラストマー素材を被せた構造にすることで、バネ性と耳当たりの良さを両立させ、快適な装着感とホールド感が持続するとしている。

 ケーブルの長さは1.2mで、引っ張られても耳への衝撃を軽減するカールコードを採用。XS、S、M、Lのイヤーピースが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加