logo

IBM、堅調な第4四半期決算--2013年通期見通しを引き上げ

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2013年01月23日 12時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMの第4四半期決算は、利益と売上高ともに予想を上回った。

 IBMが発表した決算によると、第4四半期の純利益は58億ドル(1株あたり5.13ドル)、売上高は前年同期比1%減の293億ドル。非GAAPベース(一般会計原則に基づかない財務指標)の純利益は1株あたり5.39ドルだった。

 アナリストらは、IBMの第4四半期の純利益を1株あたり5.25ドル、売上高を290億8000万ドルと予想していた。IBMは2012年通期決算では、純利益が166億ドル(1株あたり14.37ドル)、売上高は前年比2%減の1045億ドルとなったことを明らかにした。

 総合的に見ると、世の中のIT関連支出が低迷するなか、IBMは健闘していると言える。前年同期比でソフトウェアの売り上げは3%増、サービスの売り上げは2%減、システムおよびテクノロジの売り上げは1%減となった。また、「System z」メインフレームの売り上げは56%増となった。

 IBMは2013年通期見通しとして、GAAPベースの純利益が1株あたり15.53ドル、非GAAPベースの純利益が1株あたり最低でも16.70ドルになると発表した。なお、アナリストらは純利益見通しが1株あたり16.63ドルになると予想していた。



この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集