logo

特定タグでEvernoteの高速な同期と閲覧を可能に--iPhoneアプリ「SmartEver」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SmartEverは、Evernoteで「SmartEver」というタグのついたノートのみを同期することで、ノートの高速な同期と閲覧を可能にしたアプリだ。

 Evernoteに保存されているノート数が数千件を超えると、Evernoteの公式アプリで同期するのにもかなりの時間がかかる。そこで、参照したいノートにSmartEverというタグを付けてくことで、SmartEverアプリにSmartEverタグの付いたノートのみを集約し、必要なノートに素早くアクセスできるようにしようというもの。

  • SmartEverと同期されているノート一覧とメニュー。「SmartEver」タグが必ず付加されている必要がある

 SmartEverで新規作成したノートには、自動的に「SmartEver」タグが付加されるが、既存のノートを同期するには、あらかじめEvernote上で目的のノートに「SmartEver」タグを付加しておく必要がある。これは、面倒なことのように思えるが、実際に必要なノートを吟味する作業を行うことにより、Evernoteに保存したまま、一度も参照しなかったり、忘れていたりしたノートを再確認したりできる利点がある。また、SmartEver上で参照する必要のなくなったノートからはEvernote上で「SmartEver」タグを削除しておく必要がある。

 ノートを新規作成するには、画面左下の鉛筆のアイコンをタップする。保存先のノートブックとノートに付加するタグは、自由に選択できる。カメラアイコンをタップして写真を撮影し、「使用」ボタンをタップすると、テキストなどを付加する画面は表示されずに、すぐに写真がEvernoteにアップロードされる。また、カメラロールやアルバムから写真を選択した場合も同様だ。既存のノートを編集することもできる。ただし、タイトルとタグを編集する場合は、元のノート自体を変換することはないが、本文を編集する場合は、SmartEverで編集可能な形式でノートを変換する必要がある。ノートを変換しても、オリジナルのノートはEvernote内に残されるため、必要に応じて手動で削除する必要がある。

  • ノートの新規作成。保存先のノートブックとタグを選択可能。チェックボックスや日時はワンタップで挿入できる

 便利な機能に、各ノートをSmartEverで素早く開くためのURLスキーマの表示がある。ノートを表示し、画面下部の「i」アイコンをタップすると、ノートの情報が表示されるが、情報の中に「URLスキーム」という項目がある。URLスキームを長押しすると、コピーできるので、たとえば、ToDoや予定にURLスキームを張り付けておくと、リンクをタップするだけで目的のノートがSmartEverで表示される。これを利用すれば、Evernoteに保存したノートとタスクを組み合わせて、効率的に仕事に取り組むことができるだろう。

  • URLスキームを長押ししてコピー。このリンクをタップするだけでノートを直接SmartEverで表示できる

  • ノートの編集オプション。編集可能な形式にノートを変換しても、オリジナルのノートは残されたままになる

  • 設定画面。デフォルトのノートブックとタグを設定しておくと、ノートを作成するたびに選択する必要がなくなる

>>SmartEverのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集