JVC、ベストシーンを簡単に編集できる新「Everio」

加納恵 (編集部)2012年12月12日 17時16分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは、JVCブランドからビデオカメラ「Everio」にコンパクトモデル「GZ-E345/E325/E320」を追加した。新開発された総画素251万画素の高感度裏面照射CMOSセンサを内蔵する。発売は12月下旬。

 1/5.8型の裏面照射型CMOSセンサを搭載し、従来CMOSセンサに比べ感度を約2倍へと向上。ノイズを抑え鮮明なフルHD映像が撮影できる。ズーム撮影は光学40倍、ダイナミック60倍ズームを実現。ダイナミックズームを併用することで画質劣化を抑えた撮影が可能だ。

 いずれも内蔵メモリとSD/SDHC/SDXCカードスロットを装備。ミニUSB、ミニHDMI、AV出力を搭載する。

 上位機となるE345/E325には、ベストシーンだけをマーキングして再生できる新「ダイジェスト再生」機能を装備。これはベストシーンを液晶パネル上の専用アイコンでタッチするとマーキングされるというもので、選んだシーンのみをダイジェストで再生可能だ。「スマイルメーター」を使った自動マーキング機能も備えるほか、顔登録機能で登録された顔を検出すると自動的にマーキングすることもできる。

 E345は16Gバイト、E325/E320は8Gバイトのメモリを内蔵し、サイズは高さ57mm×幅50mm×奥行119mmで、重量約195g。本体が撮影シーンに応じて最適な映像処理を実行する「インテリジェントオート撮影」機能は、従来の12パターンから284パターンに増加させ、最適な映像撮影をサポートする。

 店頭想定価格はE345が5万円前後、E325が4万5000円前後、E320が4万円前後になる。


写真上段から「GZ-E345」、「GZ-E325」、「GZ-E320」
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加