Sprint、Clearwire買収に向け交渉中か

Roger Cheng (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月12日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sprint Nextelが、4GワイヤレスプロバイダーであるClearwireの完全な支配権を手に入れる方向で動いているかもしれない、とCNBCが報じた。

 CNBCは匿名の情報筋からの話として、両社は交渉中であり、SprintはClearwireの一部の大株主(IntelやComcastなど)とClearwireの完全な支配権について話し合っていると報じた。

 記事によると、契約は差し迫ったものではないが、2012年中に発表される可能性があるという。

 SprintとClearwireの担当者はどちらもコメントを拒否した。

 SprintはClearwireの残りの株式である49%をすべて取得する予定で、Clearwireを完全に支配するとともに、ソフトバンクによるSprint買収の承認に向けて状況をさらに整備する狙いだ。

 SprintはClearwireの過半数をわずかに超える株式を保有しているが、取締役会は支配しておらず、Clearwireは独立した会社として活動している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加