logo

モバイル機器からのトラフィックが世界的に急増--調査結果

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年12月05日 13時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 モバイル機器からのトラフィックが世界的に急増しており、デスクトップ機器からのトラフィックをすでに追い越している地域もあるという。

 これは、Kleiner Perkins Caufield & Byers(KPCB)のベンチャーキャピタリストであるMary Meeker氏が米国時間12月3日午後にスタンフォード大学で発表した、2012年度インターネット動向調査の主要な結論の1つである。

 「Queen of the Net」(ネットの女王)として名を馳せたこともあるMeeker氏によると、モバイル機器からのインターネットトラフィックは2年前には全体の4%に過ぎなかったが、今では13%にまで伸びているという。また技術大国のインドでは、モバイル機器からのインターネットトラフィックの比率が60%に達しており、40%まで減少したデスクトップ機器を大きく上回っている。


 モバイル分野の市場規模も急速に成長しており、過去4年間の年平均成長率は129%となっているという。190億ドルに達すると予想される2012年の市場のうち、モバイル広告の占める比率が33%であるのに対し、モバイルアプリは67%という大きな比率になるという。

 このほか、報告に記載されている主な情報は以下の通りである。

  • スマートフォンやタブレットといったモバイル機器の販売台数は、今後3年間で徐々に増加し、2015年には17億台以上になると予想されている。一方、デスクトップPCとノートPCの販売台数は、比較的緩やかな伸びにとどまり4億台未満になるだろうと予想されている。
  • 同氏の調査結果によると、発売後16四半期の普及率については、「Android」携帯が「iPhone」を大きく上回っている。iPhoneの販売台数1億台に対し、Android携帯の販売台数は6億台以上だったという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集