インフィニティ・ベンチャーズが2号ファンドをクロージング--ファンド規模は約60億円

岩本有平 (編集部)2012年12月04日 15時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インフィニティ・ベンチャーズLLPは12月3日、同組合がとりまとめるベンチャーキャピタルファンド「IVP Fund II A, L.P.」および「IVP Fund II B, L.P.」(IVP 2号ファンド)について、11月末で最終締め切りをしたと発表した。同ファンドの規模は約7150万ドル(約60億円)となった。

 インフィニティ・ベンチャーズLLPでは、2009年に第1号のファンドとなる「IVP Fund A, L.P」および「IVP Fund B,L.P.」(IVP 1号ファンド)を通じた投資活動を開始。その後、2011年4月より2号ファンドでの投資活動を開始した。

 IVP 2号ファンドは、ファンド総額では1号ファンドの約3倍となる。NHN Japan、グリー、KDDI、ミクシィなどのほか、海外の大手ベンチャーキャピタルファンドe.venturesや機関投資家のAdams Street Partners、個人投資家のRick Thompson 氏などが出資する。出資の対象とするのは、日本および中国のインターネットサービス企業や創業初期段階のベンチャー企業となっている。

 IVP 1号および2号ファンドでの投資先は、国内ではグルーポン・ジャパンやジモティー、ミューズコー、ワンオブゼム、スマートエデュケーション、中国ではApp Annie、Daguu、Goyoo Networks、MOYO GAME、Order WIth Me、Yeahka、Rekooとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加