朝日新聞、マイクロ電子書籍で新シリーズ--第1弾の50点をkoboから配信

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日新聞社は11月30日、マイクロ電子書籍の新シリーズ「朝日新聞デジタルSELECT」を創刊、楽天グループの「koboイーブックストア」で第1弾となる50点の発売を開始した。通常は210円だが、12月14日までは記念価格として一律105円で販売する。

 朝日新聞デジタルSELECTは、朝日新聞に掲載された連載や特集記事をテーマごとに読みやすくしたマイクロ電子書籍。創刊時の50点には、中国・共産党の高官の素顔を描いた「紅の党」、団塊世代の元刑事が事件現場の裏側を語った「刑事の結界」、原子力と報道が歴史的にどうかかわってきたかを追った「原発とメディア」などがある。

 朝日新聞社は2010年に「WEB新書」でマイクロ電子書籍に参入している。5000~2万字の分量、30分で読み切れるのが特長だ。今回の朝日新聞デジタルSELECTは、ストリーミング型で配信してきたWEB新書からコンテンツを選び、電子書籍規格「EPUB 3.0」に変換して、スマートデバイスや電子書籍専用端末で読める、ダウンロード型配信に対応させている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加