「BlackBerry 10」へのアナリスト好評価でRIM株価上昇

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年11月30日 12時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Research In Motion(RIM)に関する久々に明るいニュースを受けて、同社の株価は米国時間11月29日に上昇した。

 Goldman SachsのアナリストであるSimona Jankowski氏はこの日、RIMの「BlackBerry 10」搭載スマートフォンが成功する「確率は30%」あると述べ、RIM株の投資判断を「ニュートラル」から「バイ」に引き上げたと、Associated Press(AP)が報じた。

 およそ3分の1の確率というのは大喜びするほどではないが、Jankowski氏の見解と「バイ」の投資判断を好感して、RIMの株価は29日の取引開始後6%超上昇した。

 Goldman Sachsは今後12カ月のRIMの目標株価を9ドルから16ドルに引き上げたが、これも当然ながらRIMの株価回復に寄与した。

 Jankowski氏は見通しを引き上げるにあたって、RIMの「BlackBerry 10」OSに対する事前の好意的な評価や、「iOS」と「Android」にとどまらず第3の主要OSを求めている通信事業者各社からのサポートに言及した。

 RIMは2013年1月30日にBlackBerry 10を発表する準備を進めている。この新OSを搭載したスマートフォンは2月に登場し始める見込みだ。

 APによると、Jankowski氏はRIMが2014会計年度(2014年2月締め)でようやく黒字に転じると考えているが、他のアナリストたちは依然として赤字を見込んでいるという。ただしJankowski氏は、2015会計年度にまた赤字に戻ると予想している。

 他にも何人かのアナリストが、このところRIMへの期待感を示している。

 先ごろはNational Bank FinancialのKris Thompson氏が、RIMの2014会計年度におけるBlackBerry 10端末の予想出荷台数を3160万台から3550万台に引き上げた。同氏は目標株価も12ドルから15ドルに引き上げている。

 同様に、JefferiesのアナリストであるPeter Misek氏も、BlackBerry 10が成功する確率は20~30%と述べてRIMの目標株価を5ドルから10ドルに引き上げた、とAPは付け加えている。

 だが、楽観的なアナリストたちでさえBlackBerry 10の成功率は20~30%にとどまると予想しており、Appleやサムスンなどが圧倒的なシェアを握っている市場でRIMが存在感を示すのは難しいだろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加