ニコン、デジタル一眼のエントリモデル「D5200」--横開きバリアングル搭載

田中好伸 (編集部)2012年11月06日 17時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニコンイメージングジャパンは11月6日、小型・軽量ボディに高い基本スペックを凝縮したデジタル一眼レフカメラのエントリモデル「D5200」を12月に発売すると発表した。

 D5200は、有効画素数2410万画素の新開発「ニコンDXフォーマットCMOSセンサー」や、上位機種と同等の画像処理エンジン「EXPEED 3」を採用している。表示部には横開き方式バリアングルの3インチ液晶を備え、多彩なアングルでの撮影を可能としている。

D5200

 機能面では、39点フォーカスポイントのAFシステム、2016分割RGBセンサー搭載のシーン認識システム、最高で秒間約5コマの高速連続撮影、60iのフルHDで動画を撮影できる「Dムービー」などを採用。スマートデバイスとの連携が可能な別売のワイヤレスモバイルアダプタ「WU-1a」にも対応する。本体サイズは高さ約98.0mm×幅129.0mm×奥行き78.0mmで、バッテリーとSDメモリーカードを含む重量は約505g。

 カラーバリエーションはブラック、レッド、ブロンズの3種類。ラインアップと市場想定価格は、ボディ単体が9万円前後、AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR付きの「D5200 18-55 VR レンズキット」が10万円前後、上記に加えてAF-S DX NIKKOR 55-300mm f/4.5-5.6G ED VRがセットになった「D5200 ダブルズームキット」が13万5000円前後だ。ボディ単体はブラックのみ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加