logo

最新から高級機までヘッドホンが聴ける、触れるイベント--「秋のヘッドフォン祭2012」

加納恵 (編集部)2012年10月29日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオ、ビジュアル関連の販売店フジヤエービックが主催するヘッドホンのイベント「秋のヘッドフォン祭2012」が10月27~28日の2日間、東京青山のスタジアムプレイス青山にて開催された。国内外のヘッドホンを一堂にそろえたほか、即売会やミニライブ、オーディオイベントなどが行われた。スタジアムプレイス青山の7~10階までが使用され、発売前の新製品などの試聴も可能。会場内では、一般入場者も参加できる新製品発表会なども行われた。

  • 開場約1時間前。すでに行列ができていた

  • 会場内の様子。試聴機が多数用意されており、出展者の話が直接聞ける

  • フジヤ特化品販売特設会場では、次々と売り切れの案内が出ていた

 国内ブランドでは豊富なラインアップを一堂に集めて展示することが多かったほか、発売前の新製品が並べられ注目を集めていた。ソニーブースではインナーイヤーからオープンエアタイプ、ヘッドホンアンプなどの新製品をズラリと展示。ヤマハやJVCケンウッドでは、10月に発表されたばかりの発売前の新製品試聴ができた。

  • 新モデルが勢ぞろいしていたソニーブース

  • ヤマハでは発表されたばかりのヘッドホン「HPH-PRO500/PRO300」を展示

  • 発売前のスーパーウーファ内蔵イヤホン「HA-FXZ200/FXZ100」を展示したJVCケンウッド

 海外製品が集合しているのも、魅力の一つ。テックウインドでは、エコフレンドリーなオーディオブランド「HOUSE OF MARLEY」の新モデルを含めたラインアップが並べられた。一方ティアックでは、KOSS、beyerdynamicなどの取り扱いブランドを展示。密閉型からオープンエアタイプへ調節ができる新モデル「CUSTOM ONE PRO」も展示された。

  • 「HOUSE OF MARLEY」このほかにヘッドホンやスピーカなども展示された

  • beyerdynamicの「CUSTOM ONE PRO」

  • ロジクールでは「Ultimate Ears」ブランドのイヤホンをエントリーからハイエンドまでそろえた

 量販店では取り扱いの少ないモデルや、カスタムイヤホン、加えてハイエンドモデルも試聴環境が整っている。限定200台のイヤホン「Flat-4 楓(KAEDE)」を展示していたのは音茶楽ブース。楓材をキャビネットに使用したイヤホンで、漆加工にすることで見た目の美しさと響きの抑制に成功しているとのこと。飛騨高山で仕上げられているという。

 またスタックスでは、新モデル「イン・ザ・イヤースピーカー・システム SRS-002」を展示。モダニティではフィリップ・スタルクがデザインを手がけたBluetoothに対応したワイヤレスヘッドホン「Zik」を用意した。

  • 限定200台のイヤホン「Flat-4 楓(KAEDE)」

  • スタックス「イン・ザ・イヤースピーカー・システム SR-002+SRM200」

  • モダニティではフィリップ・スタルクデザインのヘッドホン「Zik」

 個別の試聴スペースを設けるブースもあった。オーディオテクニカではインナーイヤーからオーバーヘッドタイプまで新製品を、個別ルームで試聴できるスペースを用意。ヘッドホンアンプのフラッグシップ機「P-700u」を展示したラックスマンもゆったりとしたスペースが設けられていた。

 会場内ではヘッドホンのみならず、ケーブル、スピーカ、プレーヤーなども展示され、貴重な試聴体験スペースになっていたようだ。

  • オーディオテクニカブース

  • ラックスマン「P-700u」

  • 会場内で発表会も開催したマウスコンピューターの新オーディオブランド「Astell&Kern」のハイレゾ音源対応オーディオプレーヤー「AK100」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集