logo

TGS2012の話題はソーシャルゲームと「モンハン4」--ニールセン調べ

佐藤和也 (編集部)2012年10月25日 16時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニールセンは10月25日、9月20日から23日まで開催された東京ゲームショウ2012をテーマに、ソーシャルメディア分析を実施。その結果を公表した。

 まずゲーム別口コミボリュームの割合として、ソーシャルゲームのバズボリュームが昨年に比べて大幅に増加。全書き込み数の6%となり、PS3の5%を上回る結果となっている。なお2011年の話題となっていたPS Vitaの書き込みは10%から4%に減少している。

キャプション
ゲーム別口コミボリュームの割合

 またソーシャルゲーム関連で書き込まれた感想の感情を分析すると、ニュートラルが52.6%、ポジティブが2.6%、ネガティブが44.7%で、ネガティブの割合が多数を占めている。これについては「東京ゲームショウがもともと家庭用ゲームのイベントとして始まったものであり、家庭用ゲームと性質が異なるソーシャルゲームの出展に違和感を覚えたゲームユーザーが、ネガティブな反応を起こしていた」と同社では分析。またポジティブな感想の割合の少なさから、ゲームユーザーから期待されるソーシャルゲームがまだ少ないとも考えられるとしている。

 ゲームタイトル別での書き込みで、最も多かったのはカプコンの「モンスターハンター4」。書き込まれた感想の約半数が、過去の人気キャラクター「イャンクック」の再登場についてで、シリーズ物の強みが生かされていることが読み取れる結果となった。ソーシャルゲームのタイトルのなかでは、コンシューマでも人気の「メタルギアソリッド」のソーシャルゲーム版に最も多くの書き込みがあった。

キャプション
ゲームタイトル別記事数

-PR-企画特集