ヤマハ、乾電池駆動できる八角形のポータブルスピーカ

加納恵 (編集部)2012年10月11日 14時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは10月11日、乾電池駆動できるポータブルスピーカ「PDX-B11」を発表した。Bluetooth接続でワイヤレス再生もできる。発売は11月。店頭想定価格は1万6000円前後になる。

 八角形のユニークなデザインを採用し、本体には10cmのウーファと3.5cmのトゥイータを内蔵した2ウェイモノラル構成。Bluetoothによるワイヤレス再生のほか、オーディオ入力からの接続にも対応する。

 サイズは高さ237mm×210mm×240mmで、重量約1.5kg。ACアダプタのほか、単3形乾電池6本でも連続最大約8時間の駆動が可能。、一定時間操作しなければ自動で電源がオフになる「オートパワーオフ」機能も備える。ブラック、グレー、オレンジ、ブルーの4色をそろえ、床置きにした状態で、スピーカ部が上向くようにデザインされているとのことだ。

  • 「PDX-B11」

  • ブラック、グレー、オレンジ、ブルーの4色展開

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加