logo

スマホ買い換え意向ユーザーの55%がiPhoneを検討

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネオマーケティングは10月11日、「スマートフォンに関する調査」の結果を発表した。

 現在使っているスマートフォンのOSはAndroidが66.6%、次いでiOSが31.4%であった。他のスマートフォンへの買い替え予定があるかたずねたところ、全体の61.2%が「いいえ」と回答する一方、20代男性に限っては、58.1%が「はい」と回答した。

 買い替えを検討するユーザーに、どのOSへの買い替えを希望しているかをみると、54.6%がiOSと回答し、次いで43.8%のAndroidという結果であった。買い替えを検討している理由は、約半数が「新しい機種に興味があるから」と回答し、「現在使っているスマートフォンの機能・性能が見劣りしたから」との回答も3割近くあった。

 買い替えを検討しない理由は「買ったばかりだから」の45.4%と、「今持っている機種で満足しているから」の42.8%が上位を占めた。また、「違約金があるから」が23.9%と、買い替え意向があっても、買い替えをしにくい状況もうかがわれるとしている。

 調査は9月26~27日に、ネオマーケティングが運営するアンケートサイト「アイリサーチ」を利用。スマートフォンを所有する男女20~59歳計500人を対象にした。

-PR-企画特集