logo

マイクロソフト、「Windows Server 2012 Essentials」のRTM版をリリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉2012年10月10日 12時28分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間10月9日、「Windows Small Business Server(SBS)」の後継となる「Windows Server 2012 Essentials」のRTM(製造工程向けリリース)を提供開始したと発表した。

 Microsoftは現在、同製品をOEMへ提供している。新たなブログ投稿によると、11月1日には「すべてのチャネル」で広く入手可能となるはずで、OEM各社は2012年末までにこの新OSがプリロードされたサーバの出荷を開始するという。

 10月9日現在、評価用にダウンロード可能な試用版が提供されている。

 Windows Server 2012 Essentialsは、(業務で「Windows Home Server」(WHS)を利用していた中小企業を対象に)MicrosoftがSBSとWHSの代替と位置付けている製品で、社内型およびクラウド型のハイブリッドサーバだ。Microsoftによると、Windows Server 2012 Essentialsは25ユーザーまでの制限があり、価格は425ドルになるという。Windows Server 2012 Essentialsは4つのエディションからなる「Windows Server 2012」ラインの1つで、他に「Foundation」「Standard」「Datacenter」の各エディションがある。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集