logo

[ウェブサービスレビュー]会員制サイトのテストに使うダミー個人情報を出力「なんちゃって個人情報」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kazina
内容:「なんちゃって個人情報」は、ダミーの個人情報を大量に出力できるウェブサービスだ。会員制サイトのテストなどで実在しない個人情報データが大量に必要になった場合に、かんたんな操作で最大5000件までのダミー個人情報を作成してダウンロードできる。

 「なんちゃって個人情報」は、ダミーの個人情報を大量に出力できるウェブサービスだ。会員制サイトのテストなどで実在しない個人情報データが大量に必要になった場合に、かんたんな操作で最大5000件までのダミー個人情報を作成してダウンロードできる。

 使い方は簡単で、出力形式および必要な項目を選び、件数を指定してボタンを押すだけ。あらかじめ用意されているデータをランダムに掛け合わせたダミーの個人情報が出力される。一度に出力できる最大件数は5000件で、出力形式はHTML、XML、CSV、タブ区切りテキストの4種類から選ぶことができる。

  • 「なんちゃって個人情報」トップページ。「たまたま名前が実在の人物と同姓同名になってしまうかもしれませんし、特に電話番号や携帯については実際に使われている番号と重なることがあります」との注意書きがある

  • まずは出力形式と出力数を指定。HTML、XML、CSV、タブ区切りテキストの4種類から選べる。出力数は1~5000件の範囲で指定できる

 出力できる項目は、名前、ふりがな、メールアドレス、性別、年齢、誕生日、婚姻の有無、血液型、都道府県、電話番号、携帯番号、キャリアの12項目にプラスして、ジョーク項目である「カレーの食べ方」の計13種類。同種サービスである「疑似個人情報データ生成サービス」と比べると住所出力に対応しておらず、都道府県のみしか出力できない点が大きな違いになる。一方で人口比率と同じ割合で都道府県名を出力したり、また都道府県コードを出力できるといった独自機能も備えている。

 姓名の掛け合わせは、姓は約1300件あるのに対して名は約400件と少なめで、大量の件数を出力した場合、名が重複するケースがやや多いように感じられる。またメールアドレスはすべて「@example.com」で固定されているので、@の後ろにドットが2つ以上含まれるドメインなど、若干のバリエーションはあってよいのではと感じた。

 明らかに芸能人やスポーツ選手が元ネタと思える名前が入っていたり、「カレーの食べ方」というジョーク項目が入っていたりと、遊び心があちこちに見られるが、それを差し引いてもなかなか実用的なサービスだ。会員制サイトやアプリケーションの開発者であれば知っておいて損はないと言えそうだ。

  • 続いて必要な項目をオプションから選ぶ。名前は姓名の間のスペース有無を選択できるほか、姓だけを出力することも可能。選び終わったら画面の上に戻って「なんちゃって生成」のボタンを押す

  • HTMLで出力したところ。ふりがなは平仮名のみだが、ローマ字の読みがメールアドレスの@以前に記載されているので、氏名のローマ字読みが欲しい場合はこちらを抽出して加工するとよいだろう

  • これはCSVでダウンロードしたところ。加工も容易で、ダミーデータとしてさまざまな用途に利用できるだろう

-PR-企画特集