手書きメモや音声も記録できるオシャレノートアプリ「NoteLedge for iPhone」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NoteLedge Premium - Take Notes, Memo, Audio and Video Recording
価格: 300円(2015年03月13日時点)
おすすめ度:

4.0

  • 開発:Kdan Mobile Software LTD
  • カテゴリ:仕事効率化

 NoteLedge for iPhoneは、手書きメモ、写真、音声、位置情報などの情報を記録できるノートアプリで、洒落たデザインが特長だ。iPad版はすでに販売されており、そのデザインと使いやすさから人気を得ている。最近、iPhoneでもNoteLedgeがリリースされ、そのスムーズな手書き機能が使えるようになった。

  • ノートの一覧。雲型アイコンをタップして、Dropboxやbox.net、Google Docsなどと同期できる

 最初は、ノートが何もない状態のため、新しくノートを作成する。ノートを作成するには、「追加」アイコンをタップしてから、ファイル名を入力して「OK」をタップする。ノートに記録できるのは、手書き文字、写真、音声、位置情報だが、位置情報はノートを作成した場所が自動的に登録されるのみで、自分で変更することはできない。ノート上をタップしたまま長押しすると、ツールバーが表示されるので、そのまま左右にスライドさせて、ツールを選択する。慣れないと、なかなか目的のツールが選択できなくて困ることがあるが、何度かやっている内にコツがつかめる。

 まずは、「手書き」ツールを選択して、ノートに何か書いてみると、その滑らかな書き心地がすぐに分かるだろう。指で書いているのに、スタイラスで書いているような気分になる。消しゴムツールを選択して、ペンの軌跡を消すのもスムーズだ。ただし、iPadにくらべてiPhone版の機能はかなり限定されている。現バージョンでは、ペンの色や太さを選択することはできない。レトロな雰囲気のダークブラウン1色だ。また、しばらく起動したままにしていたり、ページ数が増えてくると、アプリ自体が落ちてしまい、書いたものが消えてしまうため、こまめに保存しておくのが良いだろう。この点については、今後のアップデートに期待したい。

  • ノート上をタップしたまま長押しすると表示されるツールバー。押したまま左右にスライドさせて、ツールを選択する

 レイヤー機能はないため、テキストや写真なども、すべて重なりあってしまうので、画面が狭いiPhoneでは、1ページに1~2アイテム程度に抑えて配置する方が、スッキリとして見やすい。「挿入」アイコンから、ノート内に挿入できるスタンプ類と、ノートデザインのテンプレート(いずれも個別にダウンロードが必要)を選択できる。また、現在表示しているページを、TwitterやFacebook、メールで共有することもできる。ただし、TwitterとFacebookの場合は、画面ショットが送信されるだけで、ノートにビデオを添付していても、共有先でビデオを再生することはできない。メールで送信すると、MP4ファイルのビデオも添付されて受信できた。

 ビデオを挿入したノートにメモを書いていると落ちるので、負荷のかかる作業には注意が必要なようだ。とはいえ、もう少し安定性が高まれば、仕事にプライベートに活躍が期待できるノートアプリとなるだろう。何より、ペンの滑らかさは素晴らしいので、ペンの色が増えることを願う。

  • 手書きツールを使ったノート。万年筆で書いたような色あいと強弱が付いている

  • カレンダー表示。ノートの有無と、スターを付けたノートの有無がカレンダーで分かる

  • 地図画面では、ノートを作成した場所と、各地でのノート数が分かる。旅行や出張の記録にも向いている

  • ノートの一覧から、1つのノートを選択して表紙をタップすると、カバーを変更できる。最初にカバーをダウンロードする必要がある

  • ハウツー画面。画面キャプチャに使い方が書かれているので、分かりやすい

  • ノート内にスタンプが挿入できるほか、ノートの背景などのテンプレートを選択できる

>>NoteLedgeのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加