logo

楽天とイー・アクセスが新会社--LTEサービスを月額3880円で

藤井涼 (編集部)2012年09月19日 17時49分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 楽天とイー・アクセスは9月19日、共同でモバイルデータ通信の新会社「楽天イー・モバイル」を、9月7日に設立したことを発表した。資本金は5億円で、出資比率は楽天が51%、イー・アクセスが49%。代表取締役社長には、楽天 常務執行役員 兼 CMOの中島謙一郎氏が就任する。

  • 左から、楽天の中島謙一郎 常務執行役員、三木谷浩史社長、イー・アクセスの千本倖生会長、エリック・ガン社長

 新会社では、イー・アクセスのMVNOとして、下り最大75Mbpsのモバイルデータ通信サービス「楽天スーパーWi-Fi」を10月1日から提供する。イー・アクセスが提供するLTEサービス「EMOBILE LTE」を楽天ブランドで展開するもので、端末価格は実質0円、料金は月額3880円となる。9月19日からサービス加入の申込受付を開始する。

 当日の記者発表会で登壇した、楽天 代表取締役社長の三木谷浩史氏は、同社がモバイル通信事業に参入した理由について、電子書籍端末「kobo」や、ネットショッピングのリッチコンテンツ化などを例に挙げ、「顧客のニーズも非常に高く、楽天の会員基盤(7800万人)も使える。また楽天グループとのシナジーも非常に高く、大変可能性を感じている。今回はボイスの通信というよりはデータ通信に特化したサービスということ、かつ業界シェア50%を持っているイー・アクセスとの合弁事業ということで、かなり差別化された分野なのかなと感じている」と説明する。

 また、イー・アクセス代表取締役会長の千本倖生氏は、「楽天は日本最大級のネット通販サイトで、私どもから見ても最も強力なデータベースだと思っている。このチャンネルを生かすことで、ネット通販ユーザーへのリーチを一挙に拡大していきたいと思っている。特に楽天のマーケティング力というのは、我々も羨望のまなざしで見ている。これを我々のネットワークの高速性と融合することで、新たな価値を生み出せると考えている」と喜びを語った。

  • 新会社「楽天イー・モバイル」を設立

  • さまざまな特典を用意

  • データ端末は連続9時間のLTE通信が可能

 楽天スーパーWi-Fiへの加入者には、特典として電子ブックリーダー「kobo Touch」を無料提供、または「楽天スーパーポイント」を5000ポイントプレゼントする。また、契約期間中の2年間は「楽天市場」で買い物した際に、通常購入の3倍の楽天スーパーポイントが付与されるという。

-PR-企画特集