logo

Flash PlayerがなくてもFlashを再生できる「Puffin Web Browser Free」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Puffin Web Browser Free(Ver.2.2.6061)
金額:無料(2012年9月12日時点)
カテゴリ:ツール
開発:CloudMosa Inc.
使用端末:LYNX 3D SH-03C
おすすめ度:★★★★☆

 これまで、Androidの大きなメリットの1つとして挙げられてきた要素に、Adobeの「Flash Player」が動作し、PCのWebサイトをそのまま閲覧できるというものがあった。だがAdobeはAndroid版Flash Playerの開発を中止し、8月には配布も終了してしまった。今後発売されるAndroid端末ではFlash Playerが利用できなくなることから、メリットの1つが失われてしまったことになる。

見た目や基本操作は他のウェブブラウザと変わらず、操作に不便を感じることはない
見た目や基本操作は他のウェブブラウザと変わらず、操作に不便を感じることはない

 しかしだからといって、Android上でFlashを用いたWebサイトが一切利用できなくなるのかというと、そうではない。独自の技術を用い、Flashの再生を可能にしたWebブラウザアプリが、いくつか提供されているからだ。そうしたWebブラウザの1つに「Puffin Web Browser」がある。

 Puffin Web Browser Freeを使えば、Flash PlayerがなくてもFlashの再生ができる。YouTubeなどのFlashビデオを再生できるだけでなく、Flash主体で制作されているWebサイトや、入力フォームやボタンなどのインターフェースをFlashで提供しているWebサイトなどの利用も可能だ。これらのことは、今後急激に増えるであろうFlash Player非対応機種や、OSのアップデートなどによりFlash Playerが利用できなくなる機種を使う上で、Webサイトを従来と同じ感覚で閲覧するのに、重要な要素となってくるだろう。

 もう1つ、Puffin Web Browser Freeには大きな特徴がある。それは、タッチ位置の指定がしやすいということだ。通常画面をタッチした時も、どこをタッチしたのかをアニメーションで示してくれるほか、より細かな位置を指定したい場合は、画面左下のボタンを押してタッチパッドを表示し、PCのタッチパッドと同じ感覚でカーソルを操作して、位置指定することが可能だ。

 他にも、画面の左右をドラッグすることで、ページの移動やブックマーク、タブ切り替えなどが簡単にできる機能や、画面右下のボタンを押すことで、Webサイト上の文章コピーなどが簡単にできる機能なども用意。Flash関連以外でも、充実した機能を備えたWebブラウザとして活用できるだろう。なおフリー版はFlashの再生機能が2週間しか利用できないので、継続して利用したい場合は有料版の購入をお勧めする。

  • Flash PlayerがなくてもFlashが再生できるのが大きな特徴。Flashを使用しているウェブサイトもそのまま再現できる

  • YouTubeやニコニコ動画などのFlashムービーも、ブラウザ上で直接再生できる

  • 画面左下のボタンを押すとタッチパッドが表示され、カーソルで細かな位置指定ができるほか、カーソルを重ねた時に表示されるメニューなどの利用も可能に

  • 画面の左右をドラッグするとメニューが現れ、ページの移動やタブ、ブックマークの操作などが簡単にできる

  • タブの切り替えはAndroid 4.0風のインターフェースとなっている

>>「Puffin Web Browser Free」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集