logo

イー・モバイル、障害の原因は「人的ミス」と「ソフトの不具合」

藤井涼 (編集部)2012年09月06日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 イー・アクセスは9月6日、9月5日に発生した通信障害の詳細を発表した。同社によれば、保守作業時の人的操作ミスとソフトウェアの不具合が重なり、基地局無線機の状態に異常が発生し、通信が不安定となったことが原因だという。

 今回の障害は、9月5日の18時51分~23時34分に、イー・モバイルネットワークで通信機器の不具合が発生し、12都府県(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県、大阪府、岐阜県、愛知県、滋賀県、京都府、兵庫県、和歌山県)の一部影響エリアで、WCDMAの音声およびデータサービスが利用しづらい、もしくは圏外となった事象。約27万人に影響が出たという。

 同社では、今後の再発防止策として、保守作業方法の事前チェック体制の強化や、作業プロセス上のチェック工程の改善、ソフトウェア不具合の改修などを挙げている。

-PR-企画特集