logo

Twitter、「公認製品プログラム」を開始--3種類のカテゴリで認定

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2012年08月30日 17時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは米国時間8月29日、同社がどのTwitterベースのサービスを評価しているかを明確に示す「公認製品プログラム」を公開し、Twitterから好意を向けられなかった開発者たちにさらに大きな動揺を与えた。

 Twitterのプラットフォームマーケティングを担当するSeth Bindernagel氏が投稿したブログ記事によると、同社は「最も革新的な製品およびサービスのいくつか」をビジネスや組織にもたらす企業のプロモーションに注力しているという。

 Twitterは先ごろ、開発者向けの制限を厳しくし、一部開発者の怒りを買ったが、Twitterをビジネスの世界と結びつける製品を作る開発者とは関係を強化した。

 これらの開発者には、Twitterの新プログラムに現在参加している12の企業が含まれる。しかし、Twitterはより多くの企業の参加を求めている、とBindernagel氏は書いている。

 「すべての申込者が上手く適合するわけではないかもしれないが、われわれはあなたの製品について詳しく知ることに大きな関心を抱いており、できるだけ早くすべての申し込みに返事をするつもりだ」(同氏)

 青色に輝く3種類の認定マークが用意されたこのプログラムは、エンゲージメント、分析、データの再販という3つのカテゴリのいずれかに該当する企業が対象となる。

 「SocialFlow」や「Mass Relevance」のようなエンゲージメント製品は、ブランドと顧客の関係構築を支援するサービスを扱う。一方、「Dataminr」や「Crimson Hexagon」などの分析製品は、顧客がTwitterでつぶやいていることをキャプチャする製品だ。HootsuiteやRadian6など、いくつかの企業は両方のカテゴリに分類される。

 データの再販は、ツイートをより詳細に分類するためにTwitter上にインターフェース全体を構築し、そのデータから知見を得るためのツールをブランドに提供する企業だ。これらの企業にはDataSiftやTopsyが含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集