logo

パナソニック、録りたい音を逃がさない「ズーム録音」機能付きのICレコーダー

加納恵 (編集部)2012年08月29日 16時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは8月29日、「ズーム録音」機能を備えたICレコーダー4機種「RR-XS700/XS500/XS450/XS350」を発表した。会議などのビジネスユースのほか、業界初の「シャドーイング再生」を備え語学学習などにも利用できる。発売は9月14日。

  • 左から「RR-XS700/XS500/XS450/XS350」

 セミナーや講義などに適した「ズーム録音モード」と、会議などに適した「ステレオ録音モード」の2つを装備。用途に合わせてワンタッチで切り替えができ、音声を逃さず録音できる。最上位モデルとなるXS700には、マイクを前方に可動させる「可動式ズームマイク」を備え、集音性を大幅にアップさせた。

 XS700/XS500/XS450には、再生時に聞きたい方向を選び音を強調できる「フォーカス再生」機能を装備。エアコンなどの雑音を低減させる「ノイズキャンセル再生」機能にも対応する。

 4Gバイト(XS350は2Gバイト)の内蔵メモリに加えmicroSDスロットを備えた「Wメモリーシステム」。電源は単4形電池1本で、XS350以外のモデルにはニッケル水素充電池が付属される。

 全機種に、設定した区間の再生音のあとに発声トレーニングするための無音もしくは小音量再生時間を設けるシャドーイング再生機能を採用。繰り返すことで自分のペースにあったトレーニングができ、英会話などの語学力向上に役立つとしている。

 XS700/XS500/XS450はFMチューナを内蔵、XS700/XS500には密閉型インサイドホンが付属される。

  • RR-XS700(店頭想定価格:1万5000円前後)
  • RR-XS500(店頭想定価格:1万2000円前後)
  • RR-XS450(店頭想定価格:1万円前後)
  • RR-XS350(店頭想定価格:8000円前後)
デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集