logo

オムニバスとコムスコア、オーディエンス測定とアド・ベリフィケーションで提携

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オムニバスとコムスコア・ジャパンは8月28日、業務提携を発表した。今回の提携により、共同でアドネットワーク広告におけるオーディエンス測定とアド・ベリフィケーションツールの稼働を開始した。

 両社は今回の提携により、オムニバスのもつオーディエンスデータとコムスコアの統計データを照合することで、ブラウザベースではなく、人をベースにしたユニークオーディエンスを測定するほか、リーチ先の年齢、性別、居住地域などのデモグラフィック情報、行動別オーディエンス情報、積算視聴率情報(GRP)を測定するなど、より正確なオーディエンスデータを構築するという。

 また、コムスコアのアド・ベリフィケーションツール「v キャンペーン・エッセンシャル(vCE)」を活用し、オムニバスの提供するアドネットワーク「オムニバスネットワーク」を通して出稿されたディスプレイ広告の拡散状況を可視化するとともに、配信先ウェブサイトのクオリティをコントロールすることで、ネットワークの透明性を高め、広告主のブランド保護を実現するとしている。

 アド・ベリフィケーションツールは、アドネットワークにより配信されたディスプレイ広告が、広告主のブランド価値を損なうようなメディアに配信されていないか、ユーザーの視認可能な広告枠に掲載されているかなどを検証するためのツール。また、どの地域のユーザーが広告を閲覧したか、ユーザーが広告を見てアクションしたかなどを計測・検証できる。

-PR-企画特集