logo

通知バーにメモを保存しすばやく参照できる「通知メモ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:通知メモ(Ver.1.6.3)
金額:150円(2012年9月5日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:kakkou
使用端末:Xperia acro HD IS12S
おすすめ度:★★★★☆

 「通知メモ」は、Android端末の通知バーにメモを保存、表示できるアプリだ。日々のタスクをはじめとするちょっとしたメモを通知バーから参照できるようにしておくことで、必要な時にすばやく内容をチェックできるというコンセプトだ。

  • アプリを起動したところ。下部の「メモ作成」をタップすると新規作成画面が開く

 使い方は通常のメモアプリと同じで、起動して新規作成画面を表示し、メモを記入して保存するだけ。この際、一覧の右端にあるチェックボックスにチェックを入れれば、それが通知バーに表示されるようになる。これにより、アプリのアイコンをタップして起動し、該当のメモをいちいち探すといった手間をかけず、通知バーを下にドラッグしてすばやく参照できるようになる。その日のタスクや買い物の内容を書き留めておけば、外出先ですばやく確認できて便利というわけだ。

 メモは本文のほか、タイトルをつけることができる。通知エリア上ではこのタイトルが太文字で表示されるので、中身が分かりやすいタイトルを付けておくと探しやすい。アイコンをつけることもできるので、たとえば急ぎのタスクは赤色、そうでないタスクは青色といった具合に、目的に応じてアイコンの色を変えておくと分かりやすい。

 メモは複数表示できるので、たとえば5つのメモを5つとも通知バー上に表示しておくといったこともできるし、数にかかわらず通知バー上に表示されるアイコンはひとつだけ、といった設定にもできる。チェックボックスを外せば通知バーには表示されなくなるので、メモの数が増えすぎて通知バーが埋め尽くされることもない。

 使ってみた限りでは、同種アプリである「simpleaf free」のように、通知バー上から新規メモの作成ができれば、さらに便利になると感じた。現在でも既存のメモの編集や、あるいは一覧画面を表示して「メモ作成」から新規メモを表示することはできるのだが、ボタン一発で表示できたほうが使い勝手がよさそうだ。現状対応していないアラーム機能も含め、今後のいっそうの進化に期待したいところだ。

  • メモを作成する画面が表示されるので、タイトルおよび本文を記入して「作成」を押すと保存される

  • メモの一覧が表示された。右端のチェックボックスをオンにすると通知バーにアイコンが表示される

  • 通知バーを下にドラッグし、メモの内容を表示したところ。タップすればメモが表示され、メモの更新や削除が行える

  • アイコンも選べるので、目的や緊急の度合いなどによって色を変えておくとよい

  • すべてのメモはログとしてテキストファイルに保管される。メモ自体を削除しても、このログ上は残ったままになるようだ。ちなみにこの画面では2つのメモにチェックが入っているため、通知バー上のアイコンは2つ表示されている

  • 設定画面。通知方法などが設定できる。なお、メモ数の上限が2つまでで、広告のある無料版「通知メモ Free」も用意されているので、有料版を購入する前に、まずはこちらから試してみるとよいだろう

>>「通知メモ」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集