logo

ソニー、ダブルワイヤレスを実現したホームシアターシステム--スマホと組み合わせも

加納恵 (編集部)2012年08月27日 13時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HT-CT260」

 ソニーは8月27日、バータイプを採用したホームシアターシステム「HT-CT260」を発表した。Bluetoothを備え、スマートフォンやPCとワイヤレス接続ができる。発売は10月20日。店頭想定価格は3万円前後になる。

 HT-CT260は、バースピーカとサブウーファから構成された2.1chシステム。バースピーカとサブウーファは2.4GHz帯を用いたデジタルワイヤレス接続が可能だ。バースピーカに内蔵されたBluetoothと合わせ、ダブルのワイヤレス接続を実現する。

 Bluetooth接続は、最大9台までメモリでき、10台目が登録されると最も以前に接続された機器が削除されるという仕組み。同時接続は1台のみ。同梱のシアターリモコンでBluetooth接続している機器の再生、停止なども操作ができる。

 バースピーカは、高さ89mm×幅940mm×奥行き97mmで、重量は約2.8kg。六角柱をモチーフにしたデザインを採用し、そのまま設置すると、スピーカの前面が30度上向きになる。正面に設置できるようスピーカ用フットも同梱されるほか、壁掛けも可能だ。

  • バースピーカは六角形のデザインを採用

  • 同梱のフットを使うと正面に、そのまま設置すると30度上向きに設置できる

  • バースピーカ内部

 接続にはステレオミニ、同軸デジタル、光デジタル入力を用意。IRリピータを備え、テレビの赤外線リモコン信号はテレビへ受け流すことができる。

 スタンダード、ムービー、ゲーム、ミュージックなどのサウンドフィールドに加え、独自の「ポータブルオーディオ エンハンサー」を搭載。圧縮音源で失われがちな高音域を再現し、心地良いサウンドを再生するとしている。

 ソニーでは、HT-CT260の発表に合わせ、ワイヤレススピーカのこだわりの使い方を紹介するウェブサイト「こだわり派タイプ別オレ的シアター宣言!」 を公開している。

  • サブウーファはバースピーカと2.4GHz帯でワイヤレス接続可能

  • リモコン。テレビの操作ができるほか、Bluetooth接続機器用のコントロールボタンも備える

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集