logo

ソニー、「Xperia SL」の情報を公開

Brian Bennett (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 高橋朋子2012年08月21日 10時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーのスマートフォン「Xperia S」に魅力を感じる人には嬉しいニュースだ。同社はこのほど、Xperia SのCPUを1.5GHzから1.7GHzにクロックアップした端末「Xperia SL」の情報を公開した。もちろん、両機種のプロセッサはQualcommの旧世代「Snapdragon S3」だ。S3は技術的にはデュアルコアだが、パフォーマンスでは同社の最新プロセッサ「Snapdragon S4」に完全に劣る。

 Xperia Sのカラーはブラックとホワイトのみだったが、Xperia SLではこれにシルバーとピンクの2色が加わる。その他の改善点は、Xperia SLでは最初から「Android 4.0」(開発コード名「Ice Cream Sandwich」)がインストールされていることだ。一方のXperia Sは、旧版の「Android 2.3」(開発コード名「Gingerbread」)を搭載するが、こちらもPCでダウンロードすればAndroid 4.0にアップグレードすることは可能だ。


提供:ソニー

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集