logo

「Instagram 3.0」がリリース--写真を地図上に表示する新機能も

Donna Tam (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 福岡洋一2012年08月17日 11時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Instagramユーザーは、新しい地図機能を使って写真をロケーション別に表示できるようになった。これは撮影場所を視覚的に示す同アプリのジオロケーション機能を利用したものだ。

 米国時間8月16日、Instagramはこの新機能を「Android」および「iOS」機器向け新バージョン「Instagram 3.0」に搭載し、インターフェースにもいくつか改良を加えてリリースした。

 Instagramは、自身の位置情報を記録したくないユーザーが最初からこの機能を回避できるよう、細心の注意を払ったようだ。

 この地図機能を初めて使用する際、ユーザーは以前からジオタグを付けていた写真のうち、どれを地図上に表示するか選択できるようになる。初回設定の後は、写真をアップロードするたびにこのオプションを有効にしたり無効にしたりできる。

 また、ユーザーはいつでも写真からロケーションマーカーを削除できる。

 その他の変更点として、グリッド表示の写真が大きくなったほか、キャプションのテキストボックスも大きくなり、これまでよりも長いキャプションを入力できるようになった。また、個々のコメントを不適切なものやスパムとして手軽に報告できる方法も追加された。Instagramはさらに、高速化され反応が改善したことをうたっている。

 Instagramのブログによると、これらの改良点はすべてブラウジング体験の向上に貢献するものだという。

 ブログには次のような記載がある。「われわれはユーザー自身や他の人が撮った写真を地図上でブラウズする新しい独自の方法を取り入れた。つまり、何度もページをめくって写真をブラウズしなくて済むようになったということだ」


提供:Instagram

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集