logo

PS Vita新バージョンでホーム画面等のボタン操作が可能に--動画の可変速再生も

佐藤和也 (編集部)2012年08月15日 11時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は、PS Vitaのバージョン1.80を8月28日配信することを発表した。

 バージョン1.80で追加される主な機能として、これまでタッチパネルのみの操作となっていたホーム画面やビデオ、ミュージック、設定などのアプリケーションの一部機能において、PS Vita本体ボタンでの操作に対応する。またビデオにおける動画の可変速再生、早戻しや早送り、リピート再生機能の追加、ミュージックでのPS3またはiTunesで作成したプレイリストの再生に対応している。

 ほかにも初代プレイステーション規格ソフトウェアに対応するほか、PS Vitaを利用してPS3用ソフトウェアの操作ができるクロスコントローラー機能のアイコンをリモートプレイのLiveAreaに追加し、PS3との連携を強化している。

 なお、PS3のユーザー向けに提供している定額制サービス「PlayStation Plus」を、年内にもPS Vita向けに展開することもあわせて発表した。

-PR-企画特集