logo

シャープ、太陽光発電システムからも充電できるリチウムイオン蓄電池

加納恵 (編集部)2012年08月09日 19時06分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは8月9日、コンセントから充電できるポータブルリチウムイオン蓄電池「JH-AB03」を発表した。キャスター付きで持ち運びができる。発売は9月6日。店頭想定価格は31万円前後になる。

  • 「JH-AB03」

 リン酸鉄リチウムイオン電池を内蔵し、最大出力は400W。満充電時には、600Lクラスの冷蔵庫約3時間半、ポータブルテレビ約30時間の使用ができる。

 コンセントからの充電に加え、住宅用太陽光発電システムからの充電にも対応し、停電が続いても日中は蓄電ができ、夜間の電力が確保できるとしている。

 100VのAC出力3口と5VのUSB出力2口を装備。本体はAC電源から約6時間で満充電になる。サイズは高さ439mm×幅465mm×奥行き300mmで、重量は約16kg。充放電寿命は2000サイクルとのことだ。

-PR-企画特集