logo

エプソン、走行距離が計測できるGPS付きランニング機器--スポーツ機器市場参入へ

加納恵 (編集部)2012年08月08日 18時13分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エプソンは8月8日、ランニングなどの走行距離やペースを計測し、記録、保存ができるリスト型GPS機能付きランニング機器「WristableGPS(リスタブルジーピーエス)」を発表した。同社が新たに取り組むスポーツ機器市場向けの商品第1弾として8月23日に発売する。

 セイコーエプソン代表取締役社長の碓井稔氏は「エプソンの起源はウォッチというウェラブル機器。WristableGPSにはモノを小さくするというDNAとそれを実現させる省(エネルギー)、小(型化)、(高)精(度)という『省小精』技術が引き継がれている。この省小精の技術を使って、スポーツ、健康、医療の新しい領域で、人とテクノロジーをつなぎ生活を向上させるウェラブル製品を提案していく」と新規市場参入について話した。

 WristableGPSは、手首に装着する時計型のランニング機器。マルチスポーツタイプの「SS-700S」(エプソンダイレクトショップ価格:3万4800円)、薄さ13mmを実現したアスリート向けモデル「SS-500R」(同:2万9800円)、カジュアルに使える「SS-300R/G」(同:2万4800円)の3モデルを用意する。独自開発のGPSモジュールを搭載し、距離やラップを算出し記録できることが特長だ。

  • 写真左から「SS-700S」、「SS-500R」、「SS-300R/G」

  • PCとの接続には同梱のクレードルを使用する

  • 内蔵薄型アンテナをLCDの下に配置するこで小型化を実現

 記録したデータは、専用のウェブアプリ「NeoRun(ネオラン)」に保存することが可能。軌跡の地図表示や、速度、消費カロリーなどを表示できるほか、TwitterやFacebookとの連動ボタンを設け、各種SNSへの投稿にも対応する。

 PCとは専用クレードル経由で接続し、データのやり取りが可能。内蔵のリチウムイオン充電池へもクレードルを通して充電する。省電力タイプのGPSモジュールを採用しているため、使用時間はGPS使用時で約14時間、時計表示時で約5週間の長時間使用を実現した。

 マルチスポーツタイプの700Sのみ、心拍数の計測ができるハートレースセンサセットを標準装備。500Rは別売の「SSHRKIT01」(価格:8000円)を購入することで対応する。

 700Sは10気圧、500R、300R/Gは5気圧までの防水性能を備え、マリンスポーツ時の使用も可能。700Sと500Rはスライドセンターを備え、トンネルなどGPS衛星からの信号が受信できない場所でもデータ計測ができるとしている。対応OSは、Windows XP/Vista/7のみでMacには対応していない。

  • ウェブアプリ「NeoRun」の画面。走った日付と距離が一覧できる

  • ウェブアプリ「NeoRun」の画面。走った軌跡が地図上に表示される

-PR-企画特集