logo

置くだけでスマホと簡単接続--エレコム、NFCに対応したキーボード「TK-FNS040BK」

坂本純子 (編集部)2012年08月08日 12時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 エレコムは8月7日、NFCに対応したシリコンキーボード「TK-FNS040BK」を8月下旬に発売すると発表した。価格は1万8690円。

NFCに対応したキーボード
NFCに対応したキーボード

 近距離無線通信の国際規格「NFC IP-1(ISO/IEC 18092)」に準拠したもので、ノルウェーのOne2Touchと共同で企画・開発したもの。

 TK-FNS040BKは、NFCに対応したAndroidスマートフォンで、ケーブルを接続することなくキーボード入力ができるのが特長。Bluetoothのようにペアリング設定も不要で、キーボードの中央部にスマートフォンを置くだけで文字を入力できる。なお、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しない。

ケースも付属
ケースも付属

 キーボードは折りたためるコンパクトサイズで、重さは約144g。専用ケースも付属する。キータイプには、オリジナルの45キー配列で、キーパッドには手触りが良く、滑らかな打ち心地のシリコンキーを採用した。Google Playストアから無償でダウンロードできる「ELECOM日本語入力 powered by ATOK」を使用することで、変換精度、速度が大幅に向上し、スムーズで快適な文字入力が可能になるとしている。

 なお、13.56MHz帯の電波周波数を利用しており、キーボードの表面から約10mmの距離で使用できる。バッテリは内蔵で、1日8時間をキーボード操作することを想定すると約1年6カ月間使用可能だが、内蔵バッテリの充電・交換はできず使用できなくなるという。

 One2Touchは、2009年6月にノルウェーで設立された技術者が集うベンチャー企業で、同社のtouch&typeテクノロジは、世界各国に特許出願しているという。


「TK-FNS040BK」
ビジネスアプリセンター

Android アクセサリーの記事一覧はこちら

-PR-企画特集