logo

MS、「Windows 8」を製造工程向けに出荷--一般提供に向けて大きく前進

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2012年08月02日 08時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間8月1日、「Windows 8」のRTM(Release to Manufacturing:製造工程向けリリース)版を出荷したと発表した。ビルド番号は9200。

 Windows 8と並行して開発されていた「Internet Explorer 10」「Windows Server 2012」「Visual Studio 2012」も、これと同時にRTMに達した(「Windows RT」も同時にRTMに達したかどうかについては定かではない。Microsoft関係者もこれまでにこれについて明言したことはないと思う)。

 Microsoft関係者は、Windows 8は10月26日より小売店で発売するとともに、新しいPCおよびタブレットにプリロードされる予定であることを明らかにしていた。

 しかし、一部のユーザーはそれ以前にWindows 8のRTM版を試用できる。MSDNとTechNetの会員は8月15日より同OSを入手できる。Windows Teamブログの1日の投稿によると、「Software Assurance」(SA)に入っているボリュームライセンス契約者は8月16日、SAに入っていないボリュームライセンス契約者は9月1日より入手できる予定だという。

 Microsoftは先週、次回の大規模な「Windows」開発者会議である「Build 2012」の詳細を発表した。Build 2012は米国ワシントン州レドモンドにおいて、10月30日から11月2日まで開催される予定。

 RTM版の出荷によってMicrosoftによるWindows 8の開発は完了し、製品がPCメーカーの手に渡った(PCメーカーにはMicrosoft自身も含まれる)。PCメーカーはテストを実施し、必要に応じて互換性に関する作業をして、新しいPCにOSをプリロードする。MicrosoftのSurfaceチームもこれらのOEMの中の1つであり、2種類の「Surface」のうちの1機種め(ARMプロセッサ搭載の「Surface RT」)をWindows 8の一般提供と同じ10月26日に発売する予定である。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集