logo

Twitter、オリンピックの開会式で966万ツイートを確認

Zack Whittaker (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年07月31日 12時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2012年ロンドンオリンピックに関する話題がTwitterを独占すると予想されていたが、全世界1億4000万のアクティブユーザーがいる同コミュニティはこの期待を裏切らなかった。

 Twitterのブログ投稿によると、同社は米国時間7月27日、2008年の北京オリンピック全開催期間で記録したツイート総数を上回るツイート数を1日で確認したという。

 2008年当時、1日の平均ツイート数は約30万であった。それ以降この数字は飛躍的に増加し続け、7月27日の開会式については、英国時間午後8時の開始から、3時間遅れで始まった米国での放送終了までの間に、Twitter上で966万の言及があった。

 ゴールデンタイムに合わせるために放送を3時間遅らせたNBCの決定について論じるツイートも数多くあった。NBC自身がTwitterを使用して開会式のようすをライブツイートしている間、多くの個人ユーザーは同サービスを使用してNBCへの批判を投稿した。開会式の不正なライブストリームへのリンクをツイートするユーザーもいた。

 Twitterは、開会式のどの場面でトラフィックがピークになったのか詳細を明らかにしなかったが、ウェブの発明者であるTim Berners-Lee氏のツイートが1万回以上もリツイートされたことを伝えた。


提供:Twitter; Screenshot by Zack Whittaker/CNET

 一方、ジェームズ・ボンドに扮したDaniel Craig氏のシーンに続いて女王陛下がヘリコプターから飛び降りたように見えた場面について、2012年ロンドンオリンピックの公式ツイートがあったが、このツイートへのリツイート数は2721件にとどまった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集